善玉菌を増やす方法~ヨーグルト

Home > 善玉菌を増やす方法~ヨーグルト

善玉菌と言えばヨーグルトを思い浮かべる人が大半ではないでしょうか。実際に毎日食べている人も多いと思います。
美容や健康に良く、近年では花粉症予防などにも効果があると言われていますので、食事には欠かせないという人もいるでしょう。
確かにヨーグルトは腸内環境を整えるためにとても良い食品です。

菌株に注目してみよう!

ヨーグルトを発売しているメーカーはたくさんありますが、それぞれのメーカーの製品には違った乳酸菌の名前が書かれています。ざっとインターネットで調べただけでもその数は30種類以上
こうなると選ぶのにも一苦労ですが、それぞれのメーカーが特に効果が期待出来る内容を打ち出していますので、ホームページなどで詳しく調べてみると、思わぬ発見がある場合もあります。

最近特に注目されているのは免疫力の向上アレルギーの緩和効果で、なんとなく風邪をひきやすくなった人やなんらかのアレルギーに悩んでいる人から人気が高いですね。

毎日コツコツ一定量を!

ヨーグルトは、思い出した時にたまに食べれば良いというものではなく、なんらかの効果を求めて摂取する場合は毎日一定量を食べ続ける必要があります。
その必要量は世界中の専門家も意見がバラバラで、1日200mlが目安とする意見もあれば400ml、500ml摂取すべきという意見もあります。

最近はメーカー側で1日100mlで良いとする製品なども発売されていますが、本当に大切なのはヨーグルトの量ではなく含まれる乳酸菌の量なので、例え少量でもたくさんの乳酸菌が摂取出来るならそれで問題は無いでしょう。
また、ヨーグルトによっては糖分や脂肪分が高いものもありますから、そうしたものを毎日大量に食べてしまうと今度は肥満が問題ですね。

継続して摂取を!

ヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増えることは実証済みで、すでに科学的な裏付けのあることです。
でも、一度増えれば良いというものではなく、毎日菌は死んで体外へ捨てられてしまいます。

つまり、常に善玉菌が新たに生まれて優位な状態をキープするのがとても大事なことで、それは一朝一夕には叶わないことなのです。
乱れた生活をしていたり、ストレスや疲労が溜まっていたりすると善玉菌はどんどん死滅してしまうこともわかっています。
つまり、私たちが生きて行く間ずっと善玉菌が優位な状態を作り続ける必要があり、ヨーグルトの摂取も継続した努力が必要だということですね。

↑ page top