善玉菌を増やす食べ物とは?

Home > 善玉菌を増やす食べ物とは?

善玉菌がしっかり働いてくれれば健康でキレイになれると言われれば、誰でもお腹の中で増やしたいと思いますよね。
それには毎日の食事がなんと言っても大切です。
どんな食品を選べば、善玉菌を増やすことが出来るのでしょうか?

食物繊維が多い食べ物

昔から腸内環境を良くするには食物繊維が大事だと言われていますよね。
特に食物繊維が豊富な食品は、海藻、穀物、芋などです。穀物は、精製度合いが低いものほど食物繊維を豊富に含んでいます。
だから白米よりも玄米のほうがより良いですし、小麦粉などでも全粒粉のほうがより豊富です。

食物繊維の良い点は、悪玉菌が出す有害物質を便として捨ててくれる作用が高いということです。
同時に善玉菌は食物繊維をエサとするので、善玉菌が増えてまさに一石二鳥なのですね。

是非毎日食べたいのが大豆製品干ししいたけなどの乾物、ごぼう、こんにゃく、キノコなどです。
意識して自炊しないと外では食べないものばかりですから、最近食べてないなという人は反省しましょう。

オリゴ糖を含む食べ物

実は善玉菌はオリゴ糖が大好物です。
しかもオリゴ糖は糖と言っても人間には消化吸収出来ないものなので、太ることもありません。
自然界の植物にたくさん含まれる成分で、上記の大豆やごぼうにもたくさん含まれます。タマネギアスパラガスなども良いですし、バナナ、牛乳、ハチミツなども理想的な食品です。
朝食があまり食べたくないという人は、バナナだけでも食べるとお通じも良くなりとても健康に貢献してくれます。

ただし、先ほど人間には消化吸収出来ないと書いたように、あまりにもたくさん摂取すると下痢になってしまう場合もあります。自分に合った摂取量を掴むまでは、極端な摂り方はしないほうが良いですね。

発酵食品や乳製品

最後になりましたが、やはり善玉菌と言えばヨーグルトなどの発酵乳製品です。
他にも日本ならではのぬか漬け納豆などもとても良い食品ですし、海外食品ではキムチザウアークラウトもとても良い食品です。

また、最近ヨーグルトにはかなりたくさんの種類があって選びにくいかもしれませんが、商品に入っている菌株に注目してみて、1種類を2週間くらい続けて食べてみて下さい。
調子が良ければ続ければ良いですし、あまり良くない、変化が無いというようであれば、他の菌株を同じように試してみると、自分の腸内と相性の良いヨーグルトを見つけることが出来ます。
お腹の中にも個人差がありますから、全てが同じではないです。

↑ page top