善玉菌の種類と特徴

Home > 善玉菌の種類と特徴

善玉菌には細かく分けると非常にたくさんの種類がありますが、主な菌と特徴についてまとめてみましょう。

まずは2つに大別

善玉菌を大きく分けると、乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)ビフィズス菌とに分かれます。
乳酸桿菌は通常乳酸菌と呼ばれているもので、私たちにとっては乳酸菌もビフィズス菌もなんとなく同じもののような認識がありますよね。

でも生物学的な意味で言うと、この2つの菌には違いがあります。乳酸菌はブドウ糖などから乳酸を作り出す微生物です。
だからヨーグルトにも使われますし、日本では馴染みの発酵食品にも使われます。
ビフィズス菌も同じくヨーグルト発酵に使われるので、あまり変わりないように思いますが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も一緒に作ります。

そして、腸内に棲んでいる善玉菌の99%以上はビフィズス菌で、乳酸菌に比べると約1万倍にも及ぶ数が棲んでいると言われているのです。
乳酸菌はビフィズス菌が棲みやすいように環境を作る手伝いをしていますので、お腹の中にいる善玉菌の主役はビフィズス菌だということですね。

関係の深い菌

非常にたくさんの種類がある善玉菌ですが、関わりが深いのはラクトバチルスではないでしょうか。
ヨーグルトなどの加工品に詳しい人は目にしたことがあると思いますが、ラクトバチルス属の乳酸菌はとても多くの乳製品や、ぬか漬けなどのつけものなどに昔から使われてきた種類です。
ラクトバチルス属にも70種類ほどあり、すべを覚えるのはかなり大変です。

身近なところではブルガリスク菌、アシドフィルス菌、カゼイ菌、ガセリ菌などを目にすることが多いでしょう。
企業はこれらの菌を独自に育てて培養し、いろいろな効果を高める研究をしています。
だからカゼイ菌でもその後に◯◯株というようにいろいろな名前が付いていますよね。

さまざまな特徴

すべての善玉菌に共通するのは、腸内の悪玉菌を抑制すること、栄養を消化したり吸収したりすることをサポートすることです。
そこに各企業が特定の株を培養して、特に何かの病原菌に対して攻撃力を高めるように作られていたり、病気の原因物質を減らす効果を持っていたり、さまざまな特徴を持たされています。
ただ、基本的には腸の環境を正常して、自分が本来持っている免疫力を高めたり、自浄作用を高めたりする効果であり、薬のようになんらかの強いチカラでコントロールするようなものではありません。
バランスを取って、自分の持っているチカラを引き出してくれる存在なのです。

↑ page top