腸内環境と免疫力の関係

Home > 腸内環境と免疫力の関係

人が病気にならずに毎日元気に過ごせるのは、体内にある免疫力のおかげです。
そんな免疫力と腸内環境とが深く関係しているということは、最近良く知られるようになりました。
どのような関係なのか、まとめておきましょう。

免疫細胞は腸内に集結している

人間の体に外部から病原菌やウィルスが入って来た時に、病気にならないようにそれを排除する仕組みが免疫系です。
体にとって害になるものとみなした相手を攻撃して排除するのは免疫細胞と呼ばれる細胞で、最近有名なナチュラルキラー細胞(NK細胞)T細胞などとがそうしたはたらきを担っています。
これらはがん細胞も排除するはたらきを持っていて、人間が健康に生き続けるためには無くてはならない細胞です。

こうした免疫細胞の50%から70%もが集まっているのが大腸なのです。
つまり、人間の健康の鍵はほとんどが大腸にあるということですから、どれだけ腸内環境が大切かがわかるでしょう。
腸内の不健康はそのまま体の不健康へとつながり、最終的には命に関わる問題になるのです。

インフルエンザなどの病気にも有効

冬になると世界的に流行するインフルエンザウィルスに対しても、大腸の中にいるナチュラルキラー細胞は有効にはたらいてくれます。
こうした病気や風邪などの流行時にもまったく病気にかからない健康な人はいますが、その底力は大腸の中にあると言ってもいいかもしれませんね。
そんな免疫細胞を元気するのにも、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が関係するということが分かっています。
一部のメーカーではウィルスに対抗するチカラを高める効果を持つ乳酸菌を、ヨーグルトやドリンクなどの親しみやすい商品として開発しています。

アレルギーにも効果が

さまざまなアレルギーが腸内から起こっているということは、最近になって知られるようになって来ています。
そして免疫細胞の中のT細胞が関係しているということまで突き止められていますよね。
T細胞にはTh1Th2とがありますが、この2つの均衡が崩れた時にアレルギー症状が現れると言われていて、減少している方を補強するのにも乳酸菌の摂取が有効だとされています。

T細胞はTh1とTh2に分かれる前は同じ細胞なので、片方にだけ使われてしまってもう片方の製造が間に合わないということがないように、大元のT細胞の数を増やすということになります。

とは言え、全体的に悪玉菌が増えすぎると善玉菌がどんどんシェアを奪われてしまいますから、腸内環境が常に善玉菌優勢になっていることは大前提です。

↑ page top