善玉菌が花粉症予防に?

Home > 善玉菌が花粉症予防に?

最近では、アレルギーの原因は腸内にあるというのが定説になっています。
特に、日本では国民病とも言われるようになってしまった花粉症の対策としても、腸内環境の改善が有効だと言われていますよね。
何故かと言えば、腸内には善玉菌がいるからです。乳酸菌にはアレルギーに対抗する作用があるということが、近年の研究によって徐々に分かりつつあるのです。

体質を変化させる

乳酸菌による花粉症の緩和効果は、一時的に症状を抑えてくれるものではなく、体質的にアレルギーを起こしにくくするものだと言われています。
そうした効果があるヨーグルトや飲料なども最近多く見かけるようになりましたよね。

ただ、当然食べてすぐに体質が変わるようなものはこの世にはありませんから、毎日コツコツと何年もかかって変えて行く必要があります。
でも放っておいても何も変わりはしませんし、花粉の時期は必ず毎年来るわけです。ヘタをするとどんどん悪化していくような生活習慣もあります。
例えばヨーグルトを食べ続けることで少しでも改善の希望があるのであれば、難しいことではありませんしやってみる価値はありますよね。

アレルギーの原因

そもそもスギ花粉など人体に大病をもたらす病原菌でもないのに、体内で勝手に過剰反応を起こすのは間違ったシステムです。
アレルギーが起こるのは、免疫細胞の一つであるヘルパーT細胞のバランスが崩れることが原因だと言われています。
ヘルパーT細胞には2タイプあり、1型ヘルパ-T細胞(Th1)2型ヘルパ-T細胞(Th2)とがあるのですが、この2つの均衡が崩れ、Th2が過剰になると花粉によるアレルギー症状が起こってしまうと言われています。

改善するにはTh1のほうを活性化させる必要があるのですが、そのためにビフィズス菌や、ある種類の乳酸菌が効果を持っていることがわかっているのです。
鍵を握っているのは腸内環境がどうなっているかということ。
ヘルパーT細胞は作られてすぐはタイプが決まっておらず、腸内環境によってTh1になるかTh2になるかが決まるからです。

花粉症予防に期待される善玉菌

まだまだ研究段階ですが、乳酸菌やビフィズス菌によるアレルギー改善効果は実際に現れ始めて来ています。
ビフィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536)は、実験によって1日1,000億個の摂取を約3ヶ月行った結果、花粉症の症状が緩和されたとしています。
他にもL-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92)やK-2乳酸菌(ラクトバチルス・パラカゼイ・K-2)、L-55乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス・L-55)など、実験によって効果があったと報告されている菌株はあるのです。

↑ page top