善玉菌とインフルエンザ

Home > 善玉菌とインフルエンザ

最近では、特定のウィルスと善玉菌との関係を追及するメーカーが増えて来ました。
特にインフルエンザにかかりにくくなるという研究が盛んですよね。
例えばヨーグルトを毎日食べればインフルエンザにかかりにくくなるというのであれば、手軽ですし誰でも試してみたくなるのは当然です。
もしかしたら、近い将来に予防接種を受けずに済むようになるかもしれませんから、画期的ですよね。

免疫細胞の活性化

どうして善玉菌でインフルエンザに効果があるのかと言えば、それには人間が本来持っている免疫力が関わっています。
もともと、特別何かをしていなくても、病気にかかりやすい人とかかりにくい人とがいますよね。
これには、自分で自分の病気を治す人間のシステムが、活発に働いているかどうかが深く関係しているのです。
善玉菌が増えると免疫細胞が活性化するということは、科学的にきちんとした裏付けがあります。数々の研究データがある事実なのですね。

免疫細胞の働き

人間の体内にいる免疫細胞には、いつでも血液に乗って全身をパトロールしながら外敵や悪い細胞を退治して回っているNK細胞や、マクロファージなどがいます。
他にもたくさんの防衛システムがあるのですが、こうした厳重な警備をしている免疫細胞のほとんどが腸の中に集まっているのです。

口から入ったものが溜まる腸内には、ウィルスなども多いからですね。
実に50%から70%もの免疫細胞が腸内に集まっています。
私たちが知らずに体内に取り込んでしまった悪いものを、免疫細胞が攻撃して退治してくれることで、私たちは病気にかからず健康に生活することが出来ています。

免疫細胞を刺激する

腸内の上皮細胞には、ビフィズス菌などの善玉菌と結びつくための受容体があります。
ここに善玉菌が結びつくことで、免疫細胞が刺激を受けて活性化するように出来ています。
受容体には何種類もあり、それぞれ構造が違うために結びつく善玉菌も違います。
結合が起これば免疫細胞が強くなるので、今まで以上に免疫力を発揮することが出来るわけですね。
実際に、ビフィズス菌の摂取や乳酸菌の摂取で免疫力がアップすることは数々の研究結果によってわかっています。

毎日継続的に摂取する必要がありますが、研究では実際にインフルエンザの発症率が低くなったり、発熱が少なくなったりする結果が得られていますので、期待出来る菌株も見つかり出しているのです。
発表されているのは「ビフィズス菌ロンガム種」(BB536株)や「R-1乳酸菌」(ラクトバチルス属ブルガリクス種OLL1073R-1株)、「プラズマ乳酸菌」(ラクトコッカス属ラクティス種JCM5805株)などの研究ですが、これらを摂取していればリスクを軽減出来るかもしれませんね。

↑ page top